AWARE Dive Against Debris Specialty Course

ダイバーだからこそ、できることがあります。

2016年に開催された「ワシントン条約(CITES)」締約国会議において、新たに規制対象としてクロトガリザメ、オナガザメ類、イトマキエイ類が指定されました。

スクーバの日WEEKに合わせて稲取海中清掃をスペシャルティコースとして開催!

AWAREダイブ・アゲインスト・デブリー・スペシャルティ・コース!!


AWAREダイブ・アゲインスト・デブリー・スペシャルティ・コースについて
海に流入するゴミの70%は海底に沈んでいる?とも言われています。ダイバーだからこそできる水中からのゴミの回収を実施する為のスキルと知識を学びましょう。
参加前条件:PADI(ジュニア)オープン・ウォーター・ダイバーまたは相当する資格
参加年齢:12歳
講習内容:レクチャー&最低限海洋実習1ダイブ
提出書類:PADI継続教育専用書式(病歴該当がある場合は医師の診断書が必要
マスタースクーバダイバー認定のためのSP認定としてクレジットできます。
持参してください
ダイビンググローブは汚れますので軍手などをお持ちください。
事前にPDF資料を配布致しますのでメールアドレスをご連絡ください。


開催場所・日時
PADI ダイビング スクール 伊豆 中野知識開発:稲取マリンスポーツセンター2Fレクチャールーム、5月26日18:00頃から
海洋実習:稲取港、5月27日8:30から
潜水回数:1ダイブ
潜水スタイル:バディ潜水(不安な方はプロメンバーがサポートいたします)、事前のブリーフィングをよく聞いて自分の経験とスキル、知識の範囲内での潜水を行ってください。
参加前にこちらのチェックリストをご確認ください。


参加費用
認定に必要な申請料のみご負担下さい、税別4,326円
交通費、食事代などの個人的経費はご負担下さい。
マンタデザインの2018AWAREカードをご希望の方は海洋生物を保護するための環境保全活動を行っているAWAREへ500円以上の寄付が別途必要です。
インストラクターのSP資格取得はPADIプロサイトで実施していますのでそちらをご確認ください。


インストラクター紹介
押尾弘

神奈川県在住のPADIインストラクター
株式会社クロセア代表取締役
稲取マリンスポーツセンターでダイバーとなり稲取マリンスポーツセンターでインストラクターとなった生粋の稲取ダイバー。
パン作りが得意で稲取マリンスポーツセンターに石窯をつくろうと思いたったことからオシパンと呼ばれるようになる。
会社員から起業、現在上昇気流に乗っているダイビングインストラクター。