PADI アシスタント・インストラクター


PADIアシスタント・インストラクター・コースは、PADIインストラクター開発コース(IDC)の最初の一部です。このコースはPADIプロフェッショナルとして経験を得るだけでなく、PADIダイバー教育システムを学ぶ最初のステップでもあります。

稲取マリンスポーツセンターのPADIコースは候補生のスケジュールに合わせて開催しております、週末の日帰り、連続した集中コースなどご希望の日程をお知らせください。
また学科をエグザムを含めて東京店で終えることも可能です、特に伊豆店での連続受講が難しい方や実技講習に集中されたい方は東京店やeLearingをお勧めしております。

コース参加の条件
.PADIダイブマスター、または他の指導団体でリーダシップ・レベルとして認定されていること。
.18歳以上であること。
.ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲーションを含めた、ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること。
.認定ダイバーになってから6カ月以上経っていること。
.過去24カ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること。
.病歴/診断書、医師の署名入りのものが必要です

PADI アシスタント・インストラクターになるとできること。

PADIインストラクターの元で、PADIダイバーコースの知識開発部分を実施できる。
PADIインストラクターの元で、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースのトレーニング・ダイブ中にある水面スキルの評価を実施できる。
PADIピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・スペシャルティ・ダイバーをPADIインストラクターの元で認定できる。
プロジェクトAWAREスペシャルティ・コースを認定できる。
PADIディスカバー・スクーバ・ダイビングのプールまたは限定水域ダイブを実施できる。
コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンス・コースを実施できる。
コースを修了すればデジタル・アンダーウォーター・フォトグラファーコースを実施できる。
コースを修了すればエマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー・コースを実施できる。
上記すべては新規及び更新手続きを完了し、保険加入をしていることが条件となります。
コース実施の詳細については、必ず担当インストラクターに確認をしてください。
上記以外に、PADIダイブマスターが実施できる項目も含みます。

PADI アシスタントインストラクターコース実施内容

.規準エグザム、カリキュラム・プレゼンテーションの出席と知識開発プレゼンテーション2回、4つのEカウンセリング・ワークショップ1回

.ダイブ・スキル評価、限定水域プレゼンテーション2回

.オープンウォーター講習プレゼンテーション1回(2スキルを1回のオープンウォーターで実施) 、レスキュー練習ワークショップ、PADIダイブマスター・コースのレスキュー評価

・講習時間  :最短4日間 (講習時間は、候補生の達成度で変わることがあります)
・最少開催人数:1名様より開催