PADI ダイビング ライセンス スクール

PADI ディレイド・サーフェス・マーカーブイ

PADI DSMB
PADI DSMB ダイビング

DSMB Delayed Surface Marker Buoy

まずは、DSMBについて説明します、呼び方がメーカー等によって異なりますがここでは大枠で説明をしていきます。

SMB(Surface Marker Buoy)とはボートダイビングやドリフトダイビングなどで欠かせない緊急用器材です、シグナルチューブ、フロートなどメーカによって呼び名は変わりますが、写真のように水面で膨らませて自分の浮上場所を知らせる器材のことです。
SMBの中でも水中で膨らませることができ、浮上前に自分の居場所を知らせることができるものをDSMB(Delayed Surface Marker Buoy)と呼んでいます。
気体は浮上と共に膨張する為、DSMBには過膨張防止バルブがついているのが一般的です。

このような緊急用器材は使わないことがベストなのですが、万が一の際に使い方がわからないというのは非常に残念なことです、この為現在のオープンウォーターダイバーコースでは水面でSMBを使用することが必修となっています。
さらに、このスペシャルティコースは水中でDSMBを膨らませて、活用できるようになるコースです。
今後のダイビング活動の幅を広げる意味でも受講しておきたいスペシャルティコースです。


スペシャルティコースでは、以下のような器材を用いて講習を行っています。
DSMB PADI スペシャルティ・コース DSMB PADI スペシャルティ・コースDSMB PADI スペシャルティ・コース
カラーの違うDSMBと打ち上げる際に使用するスプールと呼ばれる器材、この他に講習ではダイビングナイフなどのカッティングツールが必要です。


PADI ダイビング ライセンス

  • ダイビングスタイルはボートダイビングがほとんどである。
  • 海外でボートダイビングばかりしているリゾートダイバーだ。
  • ドリフトダイビングの予定がある、またはいつもドリフトダイビングだ。
  • ビーチダイビングメインではあるが活動範囲の広い方。


    参加前条件:     年齢10歳以上のオープンウォーターダイバー以上の認定ランクのダイバー。
    最低日数  : 1日間
    実技内容  : 海洋実習2回、知識開発レクチャーあり。
    必要教材  : インストラクターが提供する教材を用いて実施致します。
    必要器材  : 通常のスクーバダイビング装備に加えて、DSMB、スプール(リール)、カッティングツール。

    ※DSMBは必須器材となっております、レンタルが可能です。
     
    ※スキルの達成条件を満たせない場合Cカードの発行はできません。

スクール 料金

コース料金はクリック!

PADI ダイビングスクールへ質問ですPADI ダイビングスクールに予約

PADI ダイビング ライセンス スクール

TEL 0557-95-3532

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Inatori Marinesports Centre Co.,Ltd All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.