安心の価格表示と専用プール PADI ダイビング ライセンス スクール

ダイビングギア解説

スクーバダイビングは器材なくして「水中でものを見る」、「呼吸をする」、「移動する」ことができない器材依存型のレジャーということができます。
器材の取り扱いを知り、皆さんが目指すダイビングスタイルや身体にフィットするダイビング器材を選べるようになってください、ここではスクールで使用するいくつかの代表的な器材について紹介いたします。

稲取マリンスポーツセンターでご購入いただいた器材はスタッフがダイビングプールでレクチャーを無料で実施しています、ただ販売するだけでなくギアを使いこなし、楽しめることを最優先としているからです。器材を購入しダイビングを続けていただくために価格に関しても自信を持って紹介できます。もちろんご購入後のアフターフォローもお任せ、スタッフはメーカーのプロフェッショナルからのレクチャーを終えていますし、ギアメンテナンス専門会社がグループにありますのでご安心ください。

ダイブコンピュータ 稲取マリンスポーツセンター

ダイブコンピュータ
これなくしてダイビングすることなかれ・・・水深、時間、滞在可能時間、水温などダイビング中はダイブコンピュータに頼りっぱなしと言えなくもありません。
持っていないとダイビングに参加できない場所もあります。
近年は非常に多機能で使いやすいモデルがラインナップしています、実際に使用して頂くのが一番いいかと思います。

レギュレータ 稲取マリンスポーツセンターバックアップ空気源 稲取マリンスポーツセンターコンソールゲージ 稲取マリンスポーツセンター
レギュレータセット
レギュレーターにはメインのセカンドステージ、バックアップ空気源、コンソールゲージが付いています、真に生命維持装置ともいえるレギュレータは呼吸感を重視したモデルをお選びください、世界最高峰の呼吸性能を実現したモデルのモニターも可能です。
BCD
水面では浮き輪代わり、水中では無重力空間に導いてくれるBCD、機種によって操作方法が異なり、用途によってバックマウント(背負う)タイプや身体の側面にシリンダーを装着するサイドマウントタイプがあります。写真右のように左肩にホースのないi3タイプはバランスを崩しにくく誤操作を防ぐことが出来ます。
一般的なホースタイプはスタンダードなタイプです 、スクールではこちらを使いますが自分の器材をお選びになる際はi3タイプも試してみてください、実際の使用感や陸上では分からないフィット感を水中で感じてみてください。
 マスク 稲取マリンスポーツセンターダイビングマスク
海の中で楽しむためにはマスクは必要です、人間の目は水中でものを見る事が出来ないからです。
講習中にマスクと仲良しになって楽しめるようにインストラクターがサポートします、肌や鼻が直接触れるものだけに出来るだけ自分のものを持ってみてはいかがでしょうか?
講習中に様々な種類のマスクをお試し頂けます、やはり実際に水の中でお試し頂くことが必要です。
スノーケル 稲取マリンスポーツセンター スノーケル 一見スクーバダイビングでは不要に思われるのですが、水面移動や万が一の場合にとても頼りになる器材です、口に入れるものですので自分専用をお選びいただくのが良いかな。
実はちょっとした形の差で使いにくいものもありますのでスタッフまでお聞きください。
ダイビング 緊急時のクイックリリースが大切です ウェイトベルトウェイトベルト 中性浮力をとるためや水中で水平姿勢を取るために実は大切なウェイトベルトです、オープンウォーターダイバー講習でも習うようにクイックリリース(緊急時には素早く外すことができるもの)を選び、使い慣れておきましょう。安全意識の高いダイバーはマイウェイトベルトを使用する傾向があります。
写真のようなポケットタイプのものはウェイトの出し入れがスムーズで量の調節もしやすいです、さらに万が一落とした際にもダメージを和らげてくれることでしょう。
ウェイト
ドライスーツやウェットスーツの浮力を相殺するために使用する鉛です。
重さは500g~3.5kgまでのバリエーションがあります、当店では1,1.5,2kgの3種類をご用意しています、シリンダーの素材などによって変化します。
ご自身のウェイトをきちんと把握してダイビングを楽しめるように講習で学んでください。
通常はレンタルすることが多いです、落として足に当ててしまうと怪我をすることがあるのでご注意ください。
フィン 稲取マリンスポーツセンター フィン 誰もがスムーズに海中世界を楽しみたいはずです、スクーバダイビングはフィンをキックすることで推進力を得るので自分の脚力にあったものを使ってください。
素材や硬さなど多くの種類があります。
ドライスーツドライスーツ
国内でのダイビングシーンではドライスーツが活躍します、全身を覆い体を濡らさない為保温性を保ちます。
水中でスーツ内に空気を入れて断熱することができます。
スタッフは1年間12カ月のうち7,8カ月間以上ドライスーツで過ごしています、水密性を保つためオーダーでつくることが多いです。
写真はネオプレンタイプのドライスーツです、着用の際はインナーが必要になりますのでお気軽にお問い合わせください。
ウェットスーツウェットスーツ スクーバダイビングにスーツは絶対必要です。保温・保護・浮力を得ることが重要ですが最新のウェットスーツは運動性能、着脱性、柔軟性、抗菌性などが取り込まれた高機能タイプが多くなっています。
一般的に水着の上に着用しますし身体にフィットしていないとダイビングを楽しめないことがあるので自分の体にフィットし自分の好みの色が選べるフルオーダースーツを選んでみましょう。

メッシュバッグ 稲取マリンスポーツセンターメッシュバッグ
  器材をすべて詰め込んで運びましょう、海の中で使うものなのでバッグはメッシュになっており水切れがスムーズにできるようになっています。
またバッグに入れたまま器材を洗うなんてこともできる優れモノです。
 
グローブ 稲取マリンスポーツセンターダイビンググローブ 
海の中で肌は少しふやけ気味になるので岩やサンゴなどで傷つきやすい状態になっています、手の保護の為のグローブはサイズがあったものをお使いください、冬季は厚手のウィンターグローブがおススメです。

ダイビングブーツ 稲取マリンスポーツセンター ダイビングブーツ 
スムーズにフィンキックができるように柔軟な素材で作られた専用ブーツ、くるぶしまでを覆い、ファスナーが付いていたり着脱がしやすくサイズの合ったものをお使いください。裸足で着用するのでできる限り自分専用のものを持つようにしましょう。
MK-701 レスキューマーカーシグナルチューブ、レスキューマーカー
水面で自分の存在を知らせつ為の緊急用シグナル器材です、ついつい購入をためらう方が多いですが緊急用器材こそ使い慣れておくべきです、講習ではこの使用方法もトレーニングを行います。
またスペシャルティトレーニングで複数の種類のシグナルチューブの使用方法を学ぶPADIスペシャルティコースもあります。
ダイビング用ナイフ
水中では釣り糸が落ちていることもあります、シリンダーをたたくことで音を出して注意をひくこともできるダイビングナイフはマイギアを持つ方の必需品です。
当店で販売・レンタルしているものはすべて銃刀法などをクリアできるものです。
BCDにコンパクトに収納できるタイプのものもありますのでスタッフにご相談ください。
講習によってはPADIアドヴァンスコースなど必携となっているコースもあります。
ダイビングベル、スプール、ホイッスル
ダイビングベル:海の中で振るとリンリンと音を発します。バディの注意をひいたり珍しい生き物を見かけたときに利用します。
スプール:沈船やDSMBのスペシャルティで使用するリールです、長さは自分の用途に合わせて選びます。
ホイッスル:水面で吹くことで自分の存在を音で知らせることができます、流れのある場所でダイビングをする際には必需品です。

クエスト、スナッピーコイル、リトラクター
クエスト:磁気式の水中ノート、書き込みも、消去も何度でも繰り返しできるので水中で筆談をしたり生物の紹介、トレーニングに活用されています。
スナッピーコイル:デジタルカメラなどとBCDをつなぐ為のコイル、伸縮するので使用しないときはコンパクトになります。
リトラクター:比較的軽量なものをBCDとつなぎます、伸縮式メジャーのように、リング部分が伸び縮みするストラップです。
シリンダー(タンク)
圧縮した空気またはEANxを詰め込むための容器です、この中に陸上の200倍近い圧力の空気が入ります。
スクーバダイビングはシリンダーの中の限られた空気を使って水中を楽しむことができます、用途によって大きさもさまざま、素材はスチールとアルミニウムの2種類があります。
ダイビングスクールでは10Lスチールシリンダーを主に使用して行いますが、弊社ではこのほかに4Lスチールシリンダー、11Lアルミニウムシリンダーがあります。

TEL 0557-95-3532

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter
PADI ダイビング スキューバ ライセンス 伊豆 中野 スクール アドヴァンスコースも常時開催、活動範囲を広げて海を思い切り楽しみましょう。
PADI ダイビング スキューバ ライセンス 伊豆 中野 スクール PADIスペシャルティコースも豊富に開催、皆さんの都合に合わせて開催できます。
PADI ダイビング スキューバ ライセンス 伊豆 中野 スクールインストラクターコースも常時開催中、自社プールで納得いくまでトレーニングができます。
学校が運営するスポーツクラブ。普段学生が学んでいる学校の設備を地域の一般の方に開放しています。
PAGETOP
Copyright © Inatori Marinesports Centre Co.,Ltd All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.