ダイブマスター・コース PADI

GWにダイブマスターコースを開催!ということで、少しダイブマスターコースについてお知らせします。

受講する前の必要条件
認定条件
事前の準備

これらについて簡単ですがお知らせします。

受講する前の必要条件
• PADIアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーおよびPADIレスキュー・ダイバー認定
• 18歳以上
• ログに記録されたダイブ本数40本
• 過去24ヶ月以内にEFR一次および二次ケア・トレーニングを修了
• 過去12ヶ月以内に医師による健康診断を受け、ダイビング許可を得ている:医師の署名の入ったPADI病歴診断書の提出。
となっています、認定条件と合わせて確認をしてください。

認定条件
『PADIダイブマスター・マニュアル』またはダイブマスター・オンラインのナレッジリビューを含めて知識開発セクションを修了し、ダイブマスター・ファイナル・エグザムに合格する。
• 指定されたダイビング・ポイントの緊急アシストプランを作成する。
• 水中スキル実習を修了する。
・400m水泳、800mスノーケルスイム(タイム設定あり)。
・15分間の立ち泳ぎ(時間設定あり)。
・100mダイバー曳航(タイム設定あり)。
・器材交換
• ダイバー・レスキュー評価を修了する。
• ダイブスキル・ワークショップと評価を修了する。24種類(スキンダイビング含む)のスキルがデモンストレーションできることを評価(点数設定あり)。
• 実践応用スキルを修了する。
・器材のセッティングを含めた潜水の管理、ブリーフィング、ディープダイビング※、サーチアンドリカバリー※等を実施。※SP取得者は免除になります
• ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップを修了する。
・スキンダイバーコースなど認定後活動できるワークショップを実施。
• 実践評価を修了する。
・実際のアシスタントとして活動できることをデモンストレーションします。
• プロフェッショナリズムの基準を満たす。
• ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダーウォーター・ナビゲーション経験を含めて、ログに記録されたダイブ本数60本以上。
・60本に満たない場合は潜水本数をクリアした時点での認定となります。
• 過去24ヶ月以内にEFR一次および二次ケア・トレーニングを修了。
• PADIメンバーシップ同意書およびライセンス同意書を読んで同意する。

事前の準備
実はこれが一番大切なのです、教材がすべてそろっていること、学科を終えていること、身体と心の健康を維持しておくこと。
ダイブマスターになり活動するには責任が発生します、何とかなるだろうという安易な参加は控えられることをお勧めいたします。

講習内容も多岐にわたり、多くのことをお伝えしていくので弊社のスクール案内をよくお読みになり、不明な点はクリアにして実技にお臨みください。

また東京店では事前にご連絡いただければ学科講習を行うことも可能です、都内で学科を終えてからの参加は実技講習に集中できるメリットがあり大変有益だと思います、是非ご検討ください。

稲取マリンスポーツセンター

お得なキャンペーンは開催中です

最大1万円割引平昌オリンピックキャンペーンこちら

ウェットスーツ&ドライスーツキャンペーンコチラ